Blog&column
ブログ・コラム

腹持ちのいい食べ物の特徴について紹介

query_builder 2023/06/03
コラム
53
腹持ちのいい食べ物にはどのようなものがあるかご存じでしょうか。
腹持ちのいい食べ物を活用すれば、上手に満腹感を得ることができます。
今回の記事では、腹持ちのいい食べ物の特徴について紹介します。

▼腹持ちのいい食べ物の特徴
腹持ちがいいということは「胃の中にある時間が長い」「満腹感が長く続く」ということです。
どのような食べ物でも、食べた直後は胃の中を通り満腹感を感じますが、それが持続する時間は食べ物によって異なります。

■GI値が低い食べもの
GIとはGlycemic Indexの略で、食品を食べた時の血液中の糖の濃度の上昇スピードを数値化したものです。
GI値が高いほど、血糖値が上がるスピードが速く、GI値が低いほど血糖値がゆっくりと上がります。
血糖値は上がったあと再び下がっていき、下がった時に空腹感を感じるので、血糖値がゆっくり上がる方が腹持ちが良いのです。

■植物繊維を多く含む
腹持ちがいい食べ物は、消化に時間がかかる食べ物です。
じっくりと消化される食べ物といって、思い浮かぶのが植物繊維です。
また植物繊維は多く摂取しても太らないヘルシーな成分なので、腹持ちのいい食べ物のであると同時にダイエットにもよい食べ物です。

■たんぱく質を多く含む
たんぱく質も植物繊維と同様、消化に時間がかかる腹持ちのいい食べ物です。
人間の体内は半分以上が水分ですが、それ以外の重量のうち約15~20%をタンパク質が占めており、身体を作る上でも重要な栄養素です。

▼まとめ
腹持ちのいい食べ物を食べれば、上手に満腹感を得ることができます。
じっくりと消化される食べ物は腹持ちもいいです。
食べ方も意識しつつ、日々の食事に腹持ちのいい食べ物をうまく取り入れましょう。
食結びでは食による肉体づくりに関するご相談をいつでも受け付けており、オリンピックを本気で目指している方からのご相談も承っております。
まずはお電話でご連絡ください。

NEW

  • 秋といえばさつまいも!さつまいもの栄養│食結び

    query_builder 2021/11/17
  • 免疫力をアップする食品について詳しく解説

    query_builder 2023/08/03
  • 子供に人気の料理について解説

    query_builder 2023/07/05
  • 腹持ちのいい食べ物の特徴について紹介

    query_builder 2023/06/03
  • 主食の種類について詳しく解説

    query_builder 2023/05/01

CATEGORY

ARCHIVE